個人の方へ・・・税額控除と所得控除

公益財団法人かごしま犯罪被害者支援センターへの寄付金には、税制上の優遇措置があります。

鹿児島県知事より、平成25年6月26日「租税特別措置法施行令」に規定する要件を満たしているとの証明をいただきました。当センターに対する個人の皆さまからの寄付金(賛助会費も含む)は、所得税の「税額控除」の対象となります。これにより、個人の方には、「税額控除」と「所得控除」のどちらか有利な方法ををご選択いただけます。

なお、税制上の優遇措置を受けるためには、確定申告が必要です。
税金について詳しくは、お近くの税務署や税理士へお問い合わせください。

税額控除制度の概要

所得金額の40%を限度として、寄付金額の2,000円を超える部分の40%相当額(上限:その年の所得税額25%)を公益社団法人等寄付金特別控除として、その年分の所得税額から控除することができます。

■(寄付金額※1−2000円)×40%=控除額※3  ※1 所得額の40%を上限 ※3 所得税額の25%を上限

税額から直接控除するため、所得控除より減税効果が高くなることが期待できます。(個人の所得額等により減税効果が異なりますので、詳細はお近くの税務署や税理士にお尋ねください)

税額控除手続き

税制上の優遇措置を受けるためには、確定申告が必要になります。「領収書」と当センター発行の「税額控除にかかる証明書(写し)」を添付して、税務署に申告してください。
平成25年6月26日以降に納入された寄付金、賛助会員が対象となります。

▼必要に応じてこちらからダウンロードし、プリントアウト(印刷)していただけます。

所得控除の概要

所得金額の40%を限度として、寄付金額の2,000円を超える部分をその年の総所得金額から控除することができます。

■(寄付金金額※1−2000円)×所得税率※2=控除額  ※1 所得金額の40%を上限 ※2 所得税率は課税所得により税率が異なる

 

税額控除にかかる証明書がプリントできない場合などは、下記へお問い合わせください

お電話 099-805-7830

火〜土 8時30分〜17時15分
休日:月曜および日曜、祝日(月曜祝日のとき翌火曜は休日)

〒892-0816 鹿児島市山下町14-50 鹿児島県民交流センター西棟5F
公益社団法人 かごしま犯罪被害者支援センター