公判手続きの流れ

冒頭手続、証拠調べ手続を経て、検察官(論告)、弁護人(最終弁論)などの最終陳述を行い結審します。後日、判決の言い渡しとなります。

公判手続きの流れ