子どもへの対応

子どもが被害にあった場合、また身近な人の死に直面した場合には、次のような点に気をつけて対応をしてください。
また、子どもが事件や事故、死についての質問や話をしたがるときには、しっかり向き合って応えてください。

  • 被害がたいしたことではない、明るい様子である
    ふれられたくないという深い悲しみが隠されています。
  • 感情を遊びの中で表現する
    言葉で充分に表現できない場合には、遊びが大きな役割をします。
    嫌がるのに無理に遊ばせたり、遊びを止めたりしないでください。
  • イライラしたり、気持ちが不安定、感情的になる・泣き叫ぶ
    大人でも同様で、特別なことではありません。それだけ傷ついています。
    その気持ちを受けとめて、話ができるときはしっかり聴いてください。

子どもの回復への手がかり

次のようなことに心を配ることが、回復への手がかりとなることがあります。

一緒にいる・抱きしめる/死の事実を伝える/葬儀や法要に参加させてみる

自分の気持ちに向き合うこと、今すべて理解できなくても本当のことを知ることは、回復していくためにも必要です。

死について説明することは、子どもを傷つけることにはなりません。少しずつ伝えてもかまいません。葬儀や法要、お墓参りなどは、死を乗り越えていくために大切なことです。

あなた自身も大切に

周囲の人の不安や悲しみに反応して、子どもが不安定になることもあります。
あなたご自身の心やからだの様子にも目を向けてください。

 

必要なときには、支援センターへお電話をしてみてください

相談は無料、秘密は厳守します。

電話相談・面接相談・その他の支援

お電話 099-226-8341(やさしい)

祝日除く・火〜土10〜16時
月曜祝日のとき翌火曜は休日

メール →相談専用メールフォーム(SSL)

当センターの休日にかかる場合など、何らかの事情により、返信に数日かかることがありますのでご了承ください。お急ぎの場合は、お電話での相談をご利用ください。

面接(要予約) →詳しくはこちら

警察署や裁判所、病院等への付き添いなどの「直接支援」 →詳しくはこちら

専門家による法律相談・心理カウンセリング(要予約) →詳しくはこちら